渋滞って何?

渋滞とは、一般道路や高速道路において自動車等が連なり、交通が滞ってしまう現象のことを言います。これらはお盆期間や年末年始など、大型連休には顕著に表れ発生しやすくなります。これらを知る目安として交通が滞っている距離で表されます。
これらの原因は車間距離と急ブレーキが大きく関係しているといえます。一般道路では信号があるため、通行台数が増えれば増えるほど発生はしやすくなります。しかし、十分な車間距離を取り、急ブレーキを踏むことを避けることで確実に減らすことが可能です。
特にこの上記のようなことが関係するのが高速道路です。高速道路では信号は特殊な場合を除きほとんどありません。なので基本的に車が走行中停車することはありません。通行台数が増えれば必ず発生する、とは一概には言えません。まず根本的な原因としては車間距離を十分に確保していない場合や、前車の減速に気づかなかった場合に急ブレーキを踏むことにあります。前車が急ブレーキを踏むと後続車も急ブレーキが必要になり、結果大幅な減速が必要になります。これを繰りかえした結果そのはじめに急ブレーキを踏んだ車以降の交通が滞るのです。なので適切な車間距離はこれらを防ぎ、事故を未然に防ぐことにも繋がります。

コメントは受け付けていません。