知っているようで知らない道路うんちく

道路には様々なものがありますが、普段よく自動車を運転する人でも戸惑ってしまうような道も少なくありません。 特に大阪や東京などの都市部では変わった道も多数存在します。 そのような道にかんするうんちくですが、例えば片側二車線の道を走行中丁字路に遭遇しました。 その時、道に表示や標識は一切書いておりません。 左折可能な道はと考えると多くの方は左車線と答えてしまうでしょう。 しかしながら、実際には右車線も左折可能なのです。 このように、法律の盲点のように感じる道のうんちくは数多く存在します。 建物が密集している大阪の梅田にはビルの中を突っ切るように高速が配置されているところが数箇所存在します。 これは、新たにビルを建設するさいにすでにある高速が邪魔だったのですが、やむおえず高速をまたぐ感じでビルが建設されたためにこのような高速がビルの中を突っ切るような道ができたのです。 また、東京都心の首都高速では信号機が設置されている高速があります。 これは合流をスムーズに行うようにするために設置された信号機で、渋滞の緩和に役だっていると考えられています。 このような不思議な道は地方などにも多数存在するので探してみるのもよいでしょう。

コメントは受け付けていません。