日本で初めての渋滞

渋滞とはインフラストラクチャーの能力を超える動体の流入によって、移動速度が遅くなった状態を指し、道路などで起こる交通渋滞などを刺す事が多いです。
交通渋滞の定義は道路管理者や交通管理者ごとに異なっており、警視庁では一般道路での走行速度が20キロメートル以下、高速道路での走行速度が40キロメートル以下になった状態を指します。
そもそもの由来は、1961年に警視庁がラジオで世界初の交通情報を流したことからといわれており、それ以前にも東京や大阪では渋滞の状態は発生していたものの、渋滞とは呼ばれていなかったようです。
渋滞が起こるケースは様々であり、その発生原因は一般道と高速道路で、共通する事もあれば、それぞれ独自の原因となっているものもあります。
一般道路では信号交差点などによる信号待ちが原因となる事が多くあり、状況によって渋滞化する場合があります。
信号同士の協調が不適切な場合もあり、これらは基準信号を設けたり、方式を変える事で車の流れがスムーズに行われるようになります。
他にも右折待ちや左折待ち、踏み切りなども渋滞が起こる原因としては多いケースです。
一方、高速道路で起こる渋滞の原因としてインターチェンジやジャンクションなどの分岐点での流入による渋滞、料金所やサグ、上り坂やトンネルによる渋滞などがあります。
どちらでも起こりうる原因としては事故や工事、悪天候などが挙げられます。

コメントは受け付けていません。