道路法とは

道路法は道路に関する一般法で、道路の定義や整備手続きについて、また管理や費用の負担方法、罰則について定めている法律で、公法と行政法、公物や営造物法に分類されています。この法律の目的としては第一条で「道路網の整備を図るために道路に関して、路線の指定および認定管理、構造、保全、費用の負担区分などに関する事項を定め、交通の発達に寄与して公共の福祉を増進すること」とされています。所管している省庁は国土交通省で対象となっている道路としては高速自動車国道、一般の国道、都道府県道および市町村道の4種類と定められていて、道路と呼ばれているもの全てを対象としている法律ではありません。またトンネルや橋、渡船施設、道路用のエレベーターなどの対象とされている道路と一体となっている施設や工作物および道路に付属する建造物で対象となる道路に付属して造られている建物や施設なども道路に含むとされています。日本の法律上の定義としてはこの他にも道路交通法や建築基準法などの法律がそれぞれ道路の定義を定めていて、道路交通法ではいわゆる公道や自動車道、農道や林道なども含まれています。これら以外でも不動産登記簿上の地目の一種としての公衆用道路というものがあり、一般交通のために利用されていて、住民が共有している道路のことを指し、公道、私道を問わないものとなっています。

コメントは受け付けていません。