‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

日本で初めての渋滞

2014/06/03

渋滞とはインフラストラクチャーの能力を超える動体の流入によって、移動速度が遅くなった状態を指し、道路などで起こる交通渋滞などを刺す事が多いです。
交通渋滞の定義は道路管理者や交通管理者ごとに異なっており、警視庁では一般道路での走行速度が20キロメートル以下、高速道路での走行速度が40キロメートル以下になった状態を指します。
そもそもの由来は、1961年に警視庁がラジオで世界初の交通情報を流したことからといわれており、それ以前にも東京や大阪では渋滞の状態は発生していたものの、渋滞とは呼ばれていなかったようです。
渋滞が起こるケースは様々であり、その発生原因は一般道と高速道路で、共通する事もあれば、それぞれ独自の原因となっているものもあります。
一般道路では信号交差点などによる信号待ちが原因となる事が多くあり、状況によって渋滞化する場合があります。
信号同士の協調が不適切な場合もあり、これらは基準信号を設けたり、方式を変える事で車の流れがスムーズに行われるようになります。
他にも右折待ちや左折待ち、踏み切りなども渋滞が起こる原因としては多いケースです。
一方、高速道路で起こる渋滞の原因としてインターチェンジやジャンクションなどの分岐点での流入による渋滞、料金所やサグ、上り坂やトンネルによる渋滞などがあります。
どちらでも起こりうる原因としては事故や工事、悪天候などが挙げられます。

渋滞のメカニズム

2014/06/03

高速道路で渋滞を起こすとインターチェンジやサービスエリアまで逃げ道がない為、長時間車の中に閉じ込められます。
渋滞はどのようにして起こるかと言えば、行楽日などであればお休みの日に一気にマイカーで出かけることで、ただでさえ需要が高まるこのとき、ピークの時間帯には渋滞が頂点に達するのですが、、渋滞の原因がどこにあるかというと、渋滞の原因は坂に潜んでいます。
坂道ではスピードの遅い車が、走行車線をゆっくりと走行すれば、追い越そうとする車が追い越し斜線に集中します。
追い越しをする車が必ず、スピードが速い車とは限らず、バスや大型トラックが追い越しを掛けるときは比較的遅めのスピードで追い越しを掛けるため、渋滞を招きます。
さらに、片側が詰まりだすと、追い越し車線を走行しようとする心理が働くことで、追い越し車線のほうが詰まる傾向があります。
渋滞のメカニズムは追い越そうとする焦りからきっかけとなると言われています。
逆に渋滞中に走行車線を走行するほうが追い越し斜線を走行するより早く目的地に着くと言われています。
走行車線からはサービスエリアや降り口の分岐点があるため、そちらに逃げることが出来るのですが、追い越し車線は逃げ場が無いので渋滞が酷くなると言われています。

渋滞の定義

2014/06/03

一般に、自動車が道路上のある区間に多数流入して交通が滞る現象を交通渋滞と言いますが、具体的な渋滞の定義は統一されたものが存在しないのが現状です。
例えば、警察庁では指針の中で、郊外部の高速自動車国道では時速40km以下、都市部の高速自動車国道については時速20km以下、これ以外の道路では時速10km以下を渋滞と表現すべきとしています。国土交通省の渋滞に関する調査では、一般道路について、人口集中地区では渋滞長1km以上もしくは通過時間10分以上、それ以外の地区では渋滞長500m以上もしくは通過時間5分以上を渋滞ポイントとしています。東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は、前身となる日本道路公団の時代から、走行速度が時速40km以下の車列が1km以上にわたり、かつ15分以上この状態が継続した場合を渋滞と呼んでいます。このように、道路そのものを管理する側と道路交通を管理する側との間で渋滞の基準が異なっています。
また、日本道路交通情報センターでは、都道府県警察や道路管理者などからの情報をもとに、一般道路では時速10km以下、都市高速道路では時速20km以下、それ以外の高速道路では時速40km以下で走行している状態を渋滞とみなして、ラジオやテレビなどの媒体で情報発信を行っています。

渋滞って何?

2014/06/03

渋滞とは、一般道路や高速道路において自動車等が連なり、交通が滞ってしまう現象のことを言います。これらはお盆期間や年末年始など、大型連休には顕著に表れ発生しやすくなります。これらを知る目安として交通が滞っている距離で表されます。
これらの原因は車間距離と急ブレーキが大きく関係しているといえます。一般道路では信号があるため、通行台数が増えれば増えるほど発生はしやすくなります。しかし、十分な車間距離を取り、急ブレーキを踏むことを避けることで確実に減らすことが可能です。
特にこの上記のようなことが関係するのが高速道路です。高速道路では信号は特殊な場合を除きほとんどありません。なので基本的に車が走行中停車することはありません。通行台数が増えれば必ず発生する、とは一概には言えません。まず根本的な原因としては車間距離を十分に確保していない場合や、前車の減速に気づかなかった場合に急ブレーキを踏むことにあります。前車が急ブレーキを踏むと後続車も急ブレーキが必要になり、結果大幅な減速が必要になります。これを繰りかえした結果そのはじめに急ブレーキを踏んだ車以降の交通が滞るのです。なので適切な車間距離はこれらを防ぎ、事故を未然に防ぐことにも繋がります。

国道の定義

2014/06/03

国道の定義としては、道路交通法5条では1)国道とは日本の道路の中での主要道路であって政治上・経済上・文化上特に重要な都市を連絡する道路2)重要都市と人口10万以上の都市を連絡する道路3)2以上の都市を連絡する道路4)港湾法や主要飛行場や国際観光上重要な地を連絡する道路5)国土の総合開発や建設。又は整備を必要とする都市とを連絡する道路となっています。要するに国道とは日本の主要幹線道路であって、高速道路と高速道路以外の一般国道があるということです。
更に一般国道には指定区間と指定区間外とに分かれます。
指定区間とは交通量が多く、大都市や主要都市等を結ぶ重要な幹線道路なっています。
2以上の都市を結ぶ道路とはいえ、1都市だけで終わっている国道もあります。1km以内の道路も国道として指定されています。これらの国道も他の要件を満たしているから国道として指定されているのです。
国道とはいえ、田舎の舗装されていない悪路や、劣悪な道路も又国道として指定されています。これらの道路も将来的には将来的には幹線道路を形成する路線として、期待され国道として指定されているのです。
国道とは主要道路を結ぶ道路であって、単なる道路の規模や幅ではないという事です。

 

国道の番号の決め方

2014/06/03

国道は、1952年の道路法公布から1965年3月までは、1桁もしくは2桁の数字からなる一級国道と3桁の数字からなる二級国道に分けて路線が指定されていましたが、1965年4月に道路法が改正されてからは一般国道に区分が統合されて現在に至ります。その国道の路線番号の決め方は、旧一級国道と旧二級国道の指定方法を基本としています。
国道の路線に割り振る数字は、国道1号から国道57号までは東京を中心として日本の国土の骨格を形成するように、国道101号以降は北から南の順につけることを原則としています。国道の一級・二級の区別が無くなってからは原則として国道は3桁の数字が割り振られるようになり、2桁の数字は割り振られなくなっています。唯一の例外が、1972年の沖縄返還と同時に特例で指定された国道58号(鹿児島市から那覇市へ至る区間)です。
1993年4月に国道450号から国道507号までが追加されたのを最後に、新たに国道に指定された区間はありません。現在、国道は1号から507号まで路線が指定されていますが、59号から100号までと、109号から111号まで、214号から216号までの48路線分は欠番となっており、存在していません。

道路の上りと下りの定義

2014/06/03

自動車道路の混雑状況の案内で「上り」「下り」という表現を耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか?
何を元にそのような表現になっているのか気になる方もおられるかと思います。

ここではその表現の定義についてご紹介します。
この内容を知っておくと、道を覚える事が苦手という方にメリットがあります。

こちらの表現は、重要都市の起点に向かうかどうかが定義になります。

例えば誰もが知っていると思われる、東名高速道路で説明いたしましょう。
東名高速道路はご存知の通り、東京と名古屋を繋ぐ高速道路です。

この場合、東京と名古屋、どちらも大都市ではありますが、どちらが重要都市かと聞かれると東京と答える方が多いのではないでしょうか?

では、東名高速道路の場合、どちらが「下り」と表現されているか想像してみてください。
恐らく多くの方が、名古屋方面へ向かう側の道の方を「下り」と表現されていることがイメージできると思います。

つまり、重要都市の東京から離れて名古屋へ向かう方向が「下り」なのですね。

この定義を知っていると、例えば高速道路のSAやインターネットで渋滞状況を調べた時に、渋滞を避ける際に役に立ちます。
参考にしてみてください。

道路法とは

2014/06/03

道路法は道路に関する一般法で、道路の定義や整備手続きについて、また管理や費用の負担方法、罰則について定めている法律で、公法と行政法、公物や営造物法に分類されています。この法律の目的としては第一条で「道路網の整備を図るために道路に関して、路線の指定および認定管理、構造、保全、費用の負担区分などに関する事項を定め、交通の発達に寄与して公共の福祉を増進すること」とされています。所管している省庁は国土交通省で対象となっている道路としては高速自動車国道、一般の国道、都道府県道および市町村道の4種類と定められていて、道路と呼ばれているもの全てを対象としている法律ではありません。またトンネルや橋、渡船施設、道路用のエレベーターなどの対象とされている道路と一体となっている施設や工作物および道路に付属する建造物で対象となる道路に付属して造られている建物や施設なども道路に含むとされています。日本の法律上の定義としてはこの他にも道路交通法や建築基準法などの法律がそれぞれ道路の定義を定めていて、道路交通法ではいわゆる公道や自動車道、農道や林道なども含まれています。これら以外でも不動産登記簿上の地目の一種としての公衆用道路というものがあり、一般交通のために利用されていて、住民が共有している道路のことを指し、公道、私道を問わないものとなっています。

知っているようで知らない道路うんちく

2014/06/03

道路には様々なものがありますが、普段よく自動車を運転する人でも戸惑ってしまうような道も少なくありません。 特に大阪や東京などの都市部では変わった道も多数存在します。 そのような道にかんするうんちくですが、例えば片側二車線の道を走行中丁字路に遭遇しました。 その時、道に表示や標識は一切書いておりません。 左折可能な道はと考えると多くの方は左車線と答えてしまうでしょう。 しかしながら、実際には右車線も左折可能なのです。 このように、法律の盲点のように感じる道のうんちくは数多く存在します。 建物が密集している大阪の梅田にはビルの中を突っ切るように高速が配置されているところが数箇所存在します。 これは、新たにビルを建設するさいにすでにある高速が邪魔だったのですが、やむおえず高速をまたぐ感じでビルが建設されたためにこのような高速がビルの中を突っ切るような道ができたのです。 また、東京都心の首都高速では信号機が設置されている高速があります。 これは合流をスムーズに行うようにするために設置された信号機で、渋滞の緩和に役だっていると考えられています。 このような不思議な道は地方などにも多数存在するので探してみるのもよいでしょう。